TOP

リフォームの成功と失敗

そもそも塗替えの成功、失敗とは具体的にいうと、どんなことなのでしょうか。
以前、ほかの業者で塗替えをした方にお話をうかがう機会があったので聞いてみました。

「A社に塗替えをお願いしたんですか?けっこう高額だったのでは?」
「そうそう、けっこう高かったわ。塗料もほかの人に聞いてみたら、あまりいい塗料じゃなかったいみたいね。でも、満足してるわ」

別の方は、こうおっしゃっていました。

「B社は保証がなかったんじゃないでしょうか?」
「はじめ、それだけが心配だったけど、すごく丁寧に塗ってくれて今は安心しているよ」

実はこの方々は、塗装業界でちあまり評判のよくない、いわいは優良店とは程遠い業者に施工を依頼されたのです。
ですが、それでも満足していらっしゃる。ニコニコとお話をしてくださる姿に、正直おどろきました。
これまでの自分の価値観がぐらぐらと揺らいだような気持ちにさえなったのです。
この経験をもとに、真剣に考えてみました。そしてひとつの答えにたどり着いたのです。

『自身のこだわりや考え方ではなく、お客様の気持ちだということ』です。
つまり、お客様の気持ち次第で、塗り替えの成功・失敗は決まるのです。大切なのは、あなたの気持ち『中身』ですね。

葬儀・告別式の進行

1.着席は15分前に
一同が着席したら僧侶が入場します。

2.開会の辞
司会者が「ただいまより故○○様の葬儀・告別式をとり行います」と、閉式を伝えます。

3.宗教儀礼
読経と段成(仏教徒としての成を授ける儀式)と引導(死者を浄土に導く儀式)などの、儀式が行われます(浄土真宗を除く)。

4.お別れの言葉
お別れの言葉(弔辞)を述べます。弔電がある場合は、それを読み上げます。
家族以外の参列者が少ない場合は、全員がひと言ずつお別れを言うケースもあります。

5.焼香
再び読経。
僧侶が焼香したあと、喪主、遺族、親族、友人の順で焼香します。
人数の少ない家族葬ではここまでですが、友人等の会葬者がある程度いる場合は、このあと告別式に移り、会葬者の焼香が続きます。

6.僧侶退席

7.閉会の辞
司会者、が「これをもちまして故○○様の葬儀・告別式は終了いたしました」と閉式を伝えます。
参列者の少ない家族葬では、司会者を立てないで、喪主が開会・閉会のあいさつをすることもあります。

葬儀と告別式は違うもの

「葬儀」は、故人をこの世からあの世に引き渡し、成仏させる儀式。
そして「告別式」は、親交のあった人たちが、故人と最後の別れをする儀式です。

本来は別のものなのですが、現代では葬儀と告別式を分けずに、続けて行うことがほとんどです。
人数の少ない家族葬では告別式は行わず、葬儀に、遺族といっしょに友人も参加する形になります。

新着記事

P・ドラップス氏死去 – MSN産経ニュース
P・ドラップス氏死去MSN産経ニュースピエール・ドラップス氏(ベルギーの老舗チョコレートブランド「ゴディバ」の創業者の一人)ベルギーメディアによると、15日にスイス・リアツ...
コンクリート住宅の特徴〜大成建設ハウジング取材から [ハウスメーカー・工務店]
今回は「コンクリート住宅」をクローズアップします。一般的に「頑丈そう」などというイメージがありますが、その実態はどうなのでしょう。大成建設ハウジングに関する取材を...
【レポート販売】「2012年版 医薬品企業100社の組織図」を販売開始
マーケティングリサーチを行う株式会社クロス・マーケティング(代表取締役社長 五十嵐幹 東京都中央区)は、エレクトロニクス・ITと医薬・医療・バイオ分野を中心に様々な調査を